FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートル・ダム大聖堂Ⅰ

*2009.10.14*

午後の最初の目的地ははノートル・ダム大聖堂。
パリの寒さを思いっきり体感したため、ノートル・ダム大聖堂まではタクシーを利用しました。

200年をかけて建てられた壮大な大聖堂。
「ノートル・ダム」とは「我らの貴婦人」という意味で聖母マリアを称えるための聖堂として
建てられました。
ゴシック様式を代表する建築物で、随所に施された繊細かつ優美な彫刻とその色合いから
「白い貴婦人」とも呼ばれているそうです。

Paris63.jpg


外観で一番目を引くバラ窓
Paris65.jpg

バラ窓の周りの彫刻も素晴らしいです
Paris66.jpg

正面の3つの入り口
中央はキリスト、左は聖母マリア、右はマリアの母である聖アンがテーマになっています
Paris64.jpg

これは中央の入り口
上部はキリストによる最後の審判のレリーフになっています
Paris67.jpg

木製の扉にも施された飾り
Paris68.jpg


せっかくなので中央の入り口から大聖堂の中へ。

厳かな雰囲気の中、高いアーチ状の天井と両サイドの柱、
全てが計算された美しさです
Paris69.jpg

パイプオルガン
Paris70.jpg

祭壇付近はステンドグラスから差し込む光で浮きあがって見えます
Paris71.jpg

大聖堂の中からのバラ窓
本当に綺麗です
Paris72.jpg

太陽に照らされたバラ窓も綺麗です
Paris73.jpg

こちらの彫刻はキリストの一生が描かれています
Paris74.jpg

大聖堂の中にはいくつもの彫刻があります
Paris75.jpg  

Paris77.jpg


至る所に繊細な装飾が施され、
見ていて飽きることはありません
Paris76.jpg

Paris78.jpg

Paris79.jpg


大聖堂を訪れた人はキャンドルを灯し、祈りを捧げます
このキャンドルの台がいくつもありました
Paris80.jpg
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://taiga416.blog71.fc2.com/tb.php/50-32758ed7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

コギゲレ

Author:コギゲレ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。